オランダ留学中に出産・子育てを経験し、良質なデザインが公共空間に広く展開される社会の豊かさに感動したことをきっかけに、「大人から子どもまで、みんなが創造力を育める場づくり」をテーマに、公共文化施設や保育・教育施設などの空間デザインとワークショップを多数手がける。
また、国際協力NGOと共にアフリカの低所得者層に必要な保健施設を住民参加型で作るプロジェクトも継続しており、地域住民が建築プロセスに関わることでコミュニティがエンパワーされ、自立支援や持続可能な施設運営をうながすようなデザイン手法の開発に成功している。

一般社団法人マザー・アーキテクチュア代表理事 建築家
http://www.mother-architecture.org

■シェアオフィスに期待すること
いろんな業種、いろんな出身の方々と机を並べたり、雑談をするなかで、面白いアイデアや企画が生まれてくること。

■主な作品
NHK Eテレ「いないいないばあっ!」(2011年)、福岡市科学館の空間デザインおよびアートディレクション(2017年)。

■主な受賞歴
JCDデザインアワード新人賞(2008年)、東京建築士会これからの建築家賞(2015年)ほか。

■共著
「ゼロ世代11人のデザイン作法」(六耀社)、「これからの建築士」(学芸出版社)ほか。

■経歴
東京藝術大学大学院修了。The Berlage Institute(オランダ)修了。