上智大学卒業後、旅行会社に就職し営業・企画・手配・添乗業務に従事。 主にインド・ブータン・チベット・パキスタン・バングラデシュ等の地域を担当。 海外と日本を往復する生活を送り、2011年に映画監督を目指し退職。 2013年からフリーランスで活動を開始。
第10回シネアスト・オーガニゼーション・大阪(CO2)に助成企画が通過し、 大阪市の助成金を元にして初長編「僕はもうすぐ十一歳になる。」を監督。2014年に劇場公開され、国内主要都市や海外の映画祭でも好評を得る。 また、この映画がきっかけで2014年度第55回日本映画監督協会新人賞にノミネートされる。
2016年、第一子の誕生を機に福岡に移住。 福岡と出身地の東京、二箇所を拠点にアジアに活動の幅を広げ、2017年は釜山でオール韓国語、韓国人スタッフ・キャストで短編『憧れ』を監督。